洋画や日本画の画像情報をコンテンツといたします。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.06.07 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
ダナエ
ダナエ
Gustav klimt グスタフ・クリムト [オーストリア]
Danae (ダナエ)  1908年

アルゴス王アクリシオスの娘ダナエに恋をした主神ユピテルが、妻ヘラの嫉妬を逃れる為に黄金の雨に姿を変え、ダナエの下へ降り立ち、愛の契りを交わすという逸話。黄金の雨に姿を変えた主神ユピテルが股間に集中、ダナエの表情や爪を立てておっぱいに置いた右手などから自慰行為だと指摘されている。

この絵はやばいですね! エロティックすぎる 
【2008.10.24 Friday 12:15】 author : 館長
| クリムト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベートーヴェン・フリーズ≪第3場面−歓喜・接吻≫
ベートーヴェン・フリーズ
グスタフ・クリムト
Beethovenfries - Freude / Der kuβ  1902年
ベートーヴェン・フリーズ≪第3場面−歓喜・接吻≫

誰もがご存知、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンが手がけた最後にして最大の交響曲≪交響曲第9番≫の≪第4楽章−歓喜の歌≫を、なんと絵画化した大壁画。クリムトお決まりのごとく公開当時、批評家や新聞・雑誌から「卑猥で醜悪」と多くの批判。が、この女性らの秩序正しく配列された正面性の高い表現は、表現主義の先駆者フェルディナント・ホドラーが分離派展へ出品した『神に選ばれし者』からの影響をうけていると言われる。

抱き合っている男女の構図がカッコイイね! 
【2008.10.24 Friday 11:52】 author : 館長
| クリムト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ユディト I (ユーディットとホロフェルネス I)
ユディト-I
グスタフ・クリムト
Judith I   1901年
ユディト I (ユーディットとホロフェルネス I)

美しく裕福な未亡人ユディトの住むベツリアへ、アッシリア王ネブカドネツァルの命により、将軍ホロフェルネスが軍を率いて侵攻するも、暗殺を目論むユディトが将軍ホロフェルネスの気を惹くために近づき、酒宴に招かれたその夜、酔いつぶれた将軍の首を切り落とし、ベツリアの街を救ったとされる逸話。

顔と胸だけじゃなくよく見てください首をもっていませんか? 
【2008.10.24 Friday 11:28】 author : 館長
| クリムト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)
ヌーダ・ヴェリタス
グスダフ・クリムト
Nuda Veritas  1899年
ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)

これはマジで凄すぎる!女性の裸を堂々と描いたことが当時保守的な人々から大批判をあびる。手には手鏡もしくは水晶らしきものをもち、頭には花が乗っていてカワイイ。絵画の新しい芽と言わんばかりか下のサイドにタンポポらしき絵がある。(精子との説も)蛇が絶妙な官能性をあたえている。絵だけでなく額(?)みたいなのも完璧といえるようなセンスに仕上がっている。

これはすごい、クリムトすごい(感) 

【2008.10.23 Thursday 23:45】 author : 館長
| クリムト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パラス・アテネ(パラス・アテナ)
パラス・アテネ
グスタフ・クリムト
Pallas Athene 1898年
パラス・アテネ(パラス・アテナ)

ギリシャ神話において戦いをつかさどる最高の女神アテネ。アテネの姿は、その神話的逸話をまざまざと感じさせるほど恐々しく威厳に満ちており、狂気的で悪魔的な性格も顔を覗かせている。後ろの絵は平面的な描き方で、金の装飾は本物の写真であるかのよう写実的に描いている。

右手にのる女神ニケ像の裸が気になるところ。  
【2008.10.23 Thursday 23:16】 author : 館長
| クリムト | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログパーツUL5
» RSS1.0
» Atom0.3

» 人気ブログランキングへ
» FC2 Blog Ranking
» ブログランキング【くつろぐ】
» 美術村ブログ
» BLOG KING

  お客様へ
  閉館に至らぬよう上記の
  ランキングをクリックにて
  退館をお願いいたします。