• 2008.10.10 Friday
  • 23:40
雨
福田平八郎
雨       (あめ)

私が福田平八郎を知った最初の作品です。
ただの屋根瓦だと見過ごしてはいけません一枚一枚その表情を丁寧すぎるほど描写してなお統一感をだし、漣(さざなみ)と同じく構図をトリミング(きりとり)した作品といえるでしょう。この絵のすごいところは、一粒一粒の雨の跡です。私の勝手な想像では夏の夕方にぽつりぽつりと雨が降り始めて、一日暖まった瓦に雨のしずくがパラパラパラと落ちては消えていく情景を思いえがいてしまします。俳句や詩と同じ感覚を持ちました。
画家のすばらしいところは注意ぶかく何でも観察し、そこに美しさをみつけそれを絵にしていくところではないでしょうか。

  • 2008.10.10 Friday
  • 23:15
漣
福田平八郎 (ふくだ へいはちろう)
漣       (さざなみ)     1932年

銀地に群青の線だけでかかれ、なんとも言えぬ美しさである、これが日本画のすばらしいところ。昭和天皇と一緒に釣りに行ったときに、池の水面を描写したものだと言われている。
皆さん注目!注目!
目をぼんやりさせて絵の中央部から上をなんとなく見てください、池の水面のきらきらが、本物にみえませんか?魔法じゃないのです。彼は狙ってこれを描いたのですすごすぎる。アンドうつくしいこれぞ日本画の奥義なのかもしれません。

日本画ってすばらしいですね。  

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

 【参考資料本】ue↑

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM