スポンサーサイト

  • 2018.01.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場

    • 2008.11.12 Wednesday
    • 22:42
    ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場
    Pierre-Augustê Renoir 
    ピエール=オーギュスト・ルノワール [フランス]
    Bal du Moulin de la Galette
    (ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場) 1876年

    ムーラン・ド・ラ・ギャレットとはダンスホール。日曜の午後、若者たちが野外ダンス楽しんでいる場面でしょう、ダンスするカップルや友達の楽しそうな表情、笑い声が聞こえてくるようです。木漏れ日の光が見事ですね。光の効果的な表現や曖昧な輪郭、複雑な空間構成などに画家の優れた印象主義的な技法がみられます。当時のカフェ本来の姿とは異なる陽気な本作の雰囲気に、幸福な社会や世の中を望んだルノワールの世界観や趣向なども示されているとの解釈もされています。

    今すぐ絵の中に飛び込んで行きたい気分になります。

    スポンサーサイト

    • 2018.01.09 Tuesday
    • 22:42
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      私 これがルノアールで一番好きな絵かもしれません、
      絵の中に飛び込みたいですね!
      トリコさんいつもありがとうございます。
      ルノワールはこの近くにアパートを借り、日曜日ごとに通いつめて何枚ものスケッチを描き、それをもとにアトリエで制作しました。実は登場人物の多くも、彼の友人知人がモデルです。にぎやかな雰囲気が描きだされたこの作品は生の喜びに満ち溢れています。彼は人がかきたかったのです。
      • 館長
      • 2008/11/14 11:24 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << August 2018 >>

       【参考資料本】ue↑

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM