ポール=マルリの洪水

  • 2008.11.18 Tuesday
  • 14:01
ポール=マルリの洪水
Alfred Sisley アルフレッド・シスレー  [イギリス(フランスで活動)]
Inondation à Port-Marly (ポール=マルリの洪水) 1876年

本作はシスレーが1874年から移り住んでいたセーヌ川沿いの村ポール=マルリで1876年、雪解けの水により起こった川の大氾濫(洪水)を連作的に描いた6点の作品の中の1点である。予期しない出来事(本作では洪水)や外的要素によって、平穏な日常が破壊的に侵食され、変容してしまう姿を描いた本作。災害にあう当事者たちは大変な思いをするが、氾濫した水が空や多くのものを写しだし日常の身近な世界を一変させる。その美しさに当事者たちも心ゆるしたのではないだろか?そんなことを感じさせる絵だと思う。

台風など日常に変化がくるとチョコット興奮しないですか・・? 

スポンサーサイト

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 14:01
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

     【参考資料本】ue↑

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM