洋画や日本画の画像情報をコンテンツといたします。
 
<< ルーヴシエンヌの庭 ― 雪の効果 | main | ポール=マルリの洪水と小舟 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.06.07 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
ポール=マルリの洪水
ポール=マルリの洪水
Alfred Sisley アルフレッド・シスレー  [イギリス(フランスで活動)]
Inondation à Port-Marly (ポール=マルリの洪水) 1876年

本作はシスレーが1874年から移り住んでいたセーヌ川沿いの村ポール=マルリで1876年、雪解けの水により起こった川の大氾濫(洪水)を連作的に描いた6点の作品の中の1点である。予期しない出来事(本作では洪水)や外的要素によって、平穏な日常が破壊的に侵食され、変容してしまう姿を描いた本作。災害にあう当事者たちは大変な思いをするが、氾濫した水が空や多くのものを写しだし日常の身近な世界を一変させる。その美しさに当事者たちも心ゆるしたのではないだろか?そんなことを感じさせる絵だと思う。

台風など日常に変化がくるとチョコット興奮しないですか・・? 
【2008.11.18 Tuesday 14:01】 author : 館長
| シスレー | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
【2009.06.07 Sunday 14:01】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | pookmark |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://jugemhorizon.jugem.jp/trackback/205
トラックバック
ブログパーツUL5
» RSS1.0
» Atom0.3

» 人気ブログランキングへ
» FC2 Blog Ranking
» ブログランキング【くつろぐ】
» 美術村ブログ
» BLOG KING

  お客様へ
  閉館に至らぬよう上記の
  ランキングをクリックにて
  退館をお願いいたします。