クリスティーナの世界

  • 2008.12.07 Sunday
  • 22:51
クリスティーナの世界
Andrew Wyeth アンドリュー・ワイエス [アメリカ] 1917生
クリスティーナの世界 1948年

ワイエスは水彩画家としてスタートし、リアリズムの代表的画家。クリスティーナは、ワイエスの別荘の近くに住んでいた女性で生来病弱で足が不自由な女性だ。何もかも自分の力でやってのける生命力に感動し、出会いの時からその死まで30年に亘ってこの女性を描き続けている。この作品は彼が目撃した彼女の日常だったらしい、彼女は当たり前のように自分の家にはって戻ろうとした。周りには車椅子など無くおそらくここまでも自力できたのだろう。誇張はされていると思うが想像を絶する光景である。この細い腕を動かす、何らかの力に心をうたれる。

彼女の視点から見える構図をとっています。 
私たちの日々にある小さな悩みなど、なんでもないですね・・・

スポンサーサイト

  • 2018.01.09 Tuesday
  • 22:51
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    次の更新を切に望みます。
    • 2009/02/23 8:59 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>

     【参考資料本】ue↑

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM