スポンサーサイト

  • 2018.01.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    美南見十二候 品川沖の汐干

    • 2008.10.15 Wednesday
    • 22:41
    品川沖の汐干
    鳥居清長 (とりい きよなが)
    美南見十二候 品川沖の汐干
    (みなみじゅうにこう しながわおきの しおひ) 1784年頃

    遊郭の一年を題材にした作品の一つ。二枚続きの大判と呼ばれるもので当時は新しい試みであった。清長の美人画は九頭身、八頭身のスタイル良い絵柄が特徴。現代ならまだしもこの時代にナイスアイデアだと感心する。右は東京国立博物館、左はたばこと塩の博物館で所有が異なるのが残念。私が昔(今目にするお婆さん達)の日本人女性を思い描くと五頭身ぐらいのイメージなので当時の女性はもっと小さかったのかなと・・・であるなら誇張しすぎでしょ、と思ってしまう。女性を九頭身で描き違和感をださない全体のバランスがすばらしい。

    スポンサーサイト

    • 2018.01.09 Tuesday
    • 22:41
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      視点が下からだと、このように見えるのではないでしょうか。
      「秋日和」の映画も同じようでは。
      ギリシャ文化が当時は伝えられていたと思います。
      ボッティチェリの絵もビザンツが滅びて、ギリシャ文化が伝わって驚きがあり、まもなくの初期ルネサンスですから、同じようなものではないでしょうか。
      • amade
      • 2010/12/18 9:09 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

       【参考資料本】ue↑

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM