スポンサーサイト

  • 2018.01.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    相馬の古内裏

    • 2008.10.17 Friday
    • 19:55
    相馬の古内裏
    歌川国芳 (うたがわ くによし
    相馬の古内裏

    1797〜1861 江戸時代末期の浮世絵師。当時、江戸中が国芳に夢中になりました。ユーモアとウイットに富んでいて、粋でいなせ。そして、豪快で頑固。天保の改革で、江戸役者絵が禁じられれば、壁の落書きに見立てた似顔絵を描き、遊郭の絵が禁じられれば遊女を雀の姿に変えて描く。浮世絵と聞くとどうしても北斎、広重がでてきますが、国芳のほうが興味を引くような面白いものを沢山描いています。

    この骸骨の絵もどこかで見覚えありませんか・・・?   

    スポンサーサイト

    • 2018.01.09 Tuesday
    • 19:55
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << July 2019 >>

       【参考資料本】ue↑

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM